G7、対露圧力を強化…軍事行動拡大阻止へ

 【ワシントン=白川義和】オバマ米大統領は23日、欧州、中東歴訪に出発する。 ウクライナへの軍事圧力を強めるロシアに対し、先進7か国(G7)の結束や欧州連合(EU)との協調を固め、ロシアのさらなる軍事行動の阻止を目指す。 ロシア南部ソチで6月に開かれる主要8か国(G8)首脳会議のボイコットについても話し合われる見通しだ。米国主導でロシア包囲網を構築し、「弱腰」と批判されるオバマ外交の威信回復を狙う。 オランダ・ハーグで24、25日に行われる核安全サミットは、オバマ氏の提起によって2010年に始まり、今回で3回目。核によるテロの防止などを話し合うが、主要国首脳が集まるだけに、ウクライナ情勢が焦点になりつつある。(2014年3月23日00時07分読売新聞)

関連ニュース

中国最新鋭ミサイル駆逐艦が就役、南海艦隊へ
政府、ウクライナ暫定政府に1千億円規模支援へ
マレーシア機不明から2週間…捜索参加26か国

アニメ一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR