日米が中国識別圏に「疑問」…英・独など支持

 日米両政府は11日、国際民間航空機関(ICAO※)の事務局長に対し、自国の飛行情報区の外側を飛行する他国の民間航空機の運航を制限することに疑問を投げかける文書を連名で提出した。 中国が東シナ海に設定した防空識別圏(ADIZ※)を念頭に置いたものだ。 ICAO理事国36か国のうち、英国、ドイツ、韓国など5か国が日米への支持を表明。中国、ロシアなど3か国が「ICAOで取り上げる内容ではない」と不支持を表明した。 日米両国の文書提出は、中国の一方的なADIZ設定の不当性を国際社会に浸透させ、中国をけん制する狙いがある。文書の内容は、ICAOの航空技術局で調査し、早ければ6月に予定される次回の理事会で結果が報告される。 ※ICAO=InternationalCivilAviationOrganization ※ADIZ=AirDefenseIdentificationZone(2014年3月11日11時57分読売新聞)

関連ニュース

日本酒「衆議院」、国会内の売店で販売へ
被災3県に国営の追悼施設、政府が整備方針
福島から移住した被災者、8地裁に一斉賠償提訴

ネット広告一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR