防空圏「懸念」の米に中国「尊重すべき」と反発

 【北京=五十嵐文】中国外務省の洪磊副報道局長は5日の記者会見で、中国が設定した東シナ海の防空識別圏に関し、バイデン米副大統領が4日の習近平国家主席との会談で「深い懸念」を伝えたことについて、「国際法や国際慣例に合致しており、米国は尊重すべきだ」と反発した。 バイデン氏が沖縄県・尖閣諸島を巡り、日本などと危機管理メカニズムを構築するよう求めたことに関しては、「技術的な問題について各国と意思疎通を図り、関係空域の安全と秩序を共同で守る用意がある」と積極的な姿勢を示した。 オバマ米政権は、バイデン氏が習氏に直接、米側の懸念を伝えたことで、中国が防空識別圏の運用で自制した対応に転じるかどうかを注視している。米側は「あと数日から数週間でどうなるかだ」(米政府高官)として、中国の対応を見守る方針だ。(2013年12月5日21時41分読売新聞).ypbox{clear:both;background:url(/g3/btn_yp_bk.gif)0100%repeat-x;border:solid1px#fedcdc;text-align:center;position:relative;margin-bottom:10px;border-radius:8px;-moz-border-radius:8px;-webkit-border-radius:8px;}.ypbox.rest{width:49%;float:left;}.ypbox.regist{width:49%;float:right;}.ypboxdiv{text-align:center;}.ypboxdivdiv{width:241px;margin:5pxauto10px;}.ypboxdivdivspan{display:block;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:30px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypboxdivdiva{display:block;font-size:100%;font-weight:bold;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:33px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypbox.restdivspan{background-position:05px;}.ypbox.registdivspan{background-position:-260px5px;}.ypbox.resta{background-position:0-40px;}.ypbox.regista{background-position:-260px-40px;}.ypbox.resta:hover{background-position:0-80px;}.ypbox.regista:hover{background-position:-260px-80px;}#rect-l{margin-bottom:10px;}読売プレミアムに登録された方記事の続きへ未登録の方新規登録へ

関連ニュース

張成沢氏、「失脚」ではなく「粛清」…韓国政府
張成沢氏、「失脚」ではなく「粛清」…韓国政府
山口元外務副大臣、民主に離党届…新党「白紙」

和歌山
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR