千秋楽横綱決戦、日馬富士が白鵬退け6度目V

5場所ぶりの優勝を決め、北の湖理事長(右)から賜杯を受ける日馬富士=足立浩史撮影 大相撲九州場所千秋楽(24日・福岡国際センター)――日馬富士が5場所ぶり6度目の優勝を飾った。 1敗同士の横綱決戦は、日馬富士が立ち合い変化からの攻めで白鵬を退け、14勝1敗とした。白鵬は5連覇と九州場所7連覇を逃した。稀勢の里は鶴竜を落ち着いて寄り切り、13勝2敗で場所を終えた。小結隠岐の海と新入幕の大砂嵐は負け越した。 三賞は、殊勲賞に該当者がなく、敢闘賞は勢、技能賞は千代大龍が、それぞれ初受賞した。十両は千代鳳が優勝した。(2013年11月24日17時48分読売新聞)

関連ニュース

紅白にも出場した芸者歌手、神楽坂浮子さん死去
昭和の3名物力士、65歳定年で角界去る
千秋楽横綱決戦、日馬富士が白鵬退け6度目V

DVD発売日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR