巨人V祝賀会、原監督「日本一」を力強く宣言

読売巨人軍セ・リーグ優勝祝賀会・クライマックスシリーズ激励会で行われた鏡開き 巨人のセ・リーグ2連覇を祝うと同時に、16日から始まるクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージの必勝を願う「2013読売巨人軍セ・リーグ優勝祝賀会 クライマックスシリーズ激励会」(読売新聞社主催)が9日、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。 渡辺恒雄・巨人軍会長(読売新聞グループ本社会長・主筆)は主催者あいさつで、連覇の要因に原辰徳監督の、時として選手に厳しい采配を挙げ、「非情の中にも愛情がある。それを選手も分かっていたから、バネにして活躍した」と語った。 原監督は「長丁場のペナントレースを勝ち抜くのが一番の栄冠。しかし、まだもうひとやま、ふたやま、大きな戦いが待っている。まずはCSで三つ、そして日本シリーズで四つ、計7勝することを皆様の前でお誓いする」と、約1500人の出席者を前に力強く宣言した。(2013年10月9日21時04分読売新聞)

関連ニュース

巨人V祝賀会、原監督「日本一」を力強く宣言
ノーベル平和賞にOPCW…シリア化学兵器廃棄
「小さな組織だが大変な名誉」OPCW事務局長

ポイントサイト情報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR