「ユーロ圏、7四半期ぶりプラス成長独仏が牽引」:イザ!

【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)統計局は14日、ユーロ圏17カ国の今年4~6月の実質域内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値が前期比で0・3%増加したと発表した。プラス成長は2011年7~9月期以来の7四半期ぶりで、債務危機に伴うユーロ導入後最長の景気後退から脱した。EU全体でも0・3%増だった。ドイツが0・7%増、フランスが0・5%増とそれぞれ予測を上回る成長を記録し、全体を牽(けん)引(いん)した。ドイツでは輸出だけでなく、国内でも消費や政府支出が伸びた。3四半期ぶりにプラス成長に転じたフランスでは個人消費や自動車販売が増加した。EUなどから金融支援を受けているポルトガルはプラスに転じた。債務危機の影響を受けるイタリア、スペインはマイナス幅が縮小したが、それぞれ0・2%減、0・1%減と低迷は続く。持続的な回復に向けては不透明さもあり、欧州委員会のレーン副委員長(経済・通貨担当)は「自己満足にひたる理由はない」としている。

関連ニュース

「輸入車を独禁法違反で調査 中国「高すぎる」と批判」:イザ!
「労働時間規制に特例 一部企業で実験導入 年収800万円超」:イザ!
「「デフレ状況ではなくなりつつある」と8月の月例経済報告 基調判断は据え置き」:イザ!

アニメリスト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR