金融緩和 新手法も議論

日銀1月会合 日本銀行が19日公表した1月21、22日の金融政策決定会合の議事要旨では、金融緩和の新たな手法についても議論されていたことが分かった。 安倍首相は3月19日に辞任する白川方明(まさあき)総裁の後任総裁について、大胆な金融緩和を掲げる自身の考えを共有していることを任命の条件に挙げており、今後金融緩和の手法を巡る議論も活発化しそうだ。 議事要旨によると、日銀が世の中に出回るお金を増やすために行っている国債の買い入れについて、複数の委員が「対象となる長期国債の残存期間を5年程度まで延長することも考えられる」と述べた。 現在、日銀が買い入れている長期国債は満期までの期間が3年以下だが、これを5年に延ばし、より長い期間の金利を下げることを狙った発言とみられる。(2013年2月20日読売新聞)

関連ニュース

「「PS4」初公開でゲーム市場に刺激」:イザ!
「加藤沙耶香、産経デジタルに現る チャイナドレスで「真・雀龍門」PR」:イザ!
公的資金、活用広がる 「ゾンビ企業延命」批判も

ラルフローレン 子供服
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR