組み合わせ抽選前に黙とう、釜石は小豆島と対戦

組み合わせ抽選会の冒頭、黙とうする釜石の菊池智哉主将(右から3人目)ら(11日午前9時1分、大阪市北区で)=原田拓未撮影第88回選抜高校野球大会(20日開幕、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が11日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で行われ、出場32校の組み合わせが決まった。抽選に先立ち、東日本大震災の被災地から出場する釜石(岩手)などの主将や監督らが震災の犠牲者に黙とうをささげた。抽選の結果、第2日第1試合はともに21世紀枠の釜石と小豆島(香川)が対戦。選抜最多タイの4度優勝を誇る東邦(愛知)は昨秋の東京大会優勝の関東一(東京)と第3日第2試合で顔を合わせる。13年ぶりの出場となった秀岳館(熊本)は花咲徳栄(埼玉)と第4日第3試合に激突する。選抜連覇を目指す敦賀気比(福井)は青森山田(青森)と第6日第1試合で、第1回大会優勝校で昨秋の明治神宮大会を制した高松商(香川)はいなべ総合(三重)と第5日第2試合で対戦する。開会式の選手宣誓は、小豆島の樋本尚也主将に決まった。2016年03月11日17時32分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

組み合わせ抽選前に黙とう、釜石は小豆島と対戦
組み合わせ抽選前に黙とう、釜石は小豆島と対戦
組み合わせ抽選前に黙とう、釜石は小豆島と対戦

ドメイン取得比較一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR