学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待

箱根駅伝の学生連合チームのメンバーに入った東大1年の近藤秀一さん(1日、東京都目黒区の東大で)=工藤菜穂撮影開催まで約半月となった東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の「関東学生連合チーム」(学生連合)に、東京大1年の近藤秀一選手(20)が入った。混成チームの選手として東大の選手が箱根を走れば11年ぶりとなるため、“赤門ランナー”に注目が集まっている。「タイムは思った通りだったが、全体のレベルが上がっていた。16人中10番目になるのが目標だったのだけれど……」10月に東京都立川市で行われた箱根駅伝予選会で、近藤選手は強豪校の選手に交じりながら、20キロを1時間1分のタイムで走り、577人中73位に。16人が選ばれる学生連合に、上から11番目の記録でメンバー入りを果たした。静岡県出身の近藤選手は、小学3年の時に陸上を始めた。高校は自宅近くの進学校へ。高校2年から記録を伸ばし始めると、駅伝強豪校から入部の誘いが来るようになった。2015年12月15日16時51分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待
学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待
学連に東大生ランナー、11年ぶり出場に期待

cd売上チャート
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR