米、4大会ぶりV…「技術の大切さ」日本に学ぶ

優勝を喜ぶワンバック(前列左から3人目)ら米国の選手たち(5日午後、カナダ・バンクーバーで)=高橋はるか撮影4大会ぶりの優勝をつかんだ米国は、ワンバックらが表彰式でワールドカップを高々と掲げた。2度のリードを追いつかれ、PK戦の末に日本に屈した4年前の記憶を消し去るほどの大勝だった。米国から駆けつけたサポーターの大声援を受け、序盤から日本にほぼ何もさせずにボールを保持。ロイドが、女子W杯決勝では史上初となるハットトリックを開始わずか16分で達成するなど、前半半ばには大勢が決した。エリス監督は「体の大きさや強さではなく、技術が重きをなす。その大切さを(2011年W杯の)日本が認識させてくれた」と言う。従来、武器とする力強い縦への攻めに、パスをつなぐスタイルを加え、攻撃の幅を大きく広げた。ロイドは「信じられないくらい素晴らしいグループ」とチームの団結ぶりを誇った。大会序盤は苦戦が続いたが、ライバルをも手本に、一丸となってW杯のタイトルを追い求めてきた執念が、結実した。2015年07月06日15時56分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

有吉が連覇のカギ…ボール奪取、タックルで圧倒
米、4大会ぶりV…「技術の大切さ」日本に学ぶ
安倍首相「最後までゴールに、健闘たたえたい」

映画発売日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR