「自然に笑顔になった」澤、代表200戦目

【バンクーバー(カナダ)=西村海】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で8日(日本時間9日)、日本女子代表(なでしこジャパン)はスイスを1―0で破って白星発進、先発出場したMF澤穂希(ほまれ)選手(36)(INAC神戸)は、史上初の女子W杯6大会連続出場、国際Aマッチ200試合出場という二つの大きな節目を勝利で飾った。「相手は初出場とはいえ、個々の能力は高い。初戦で勝利を収められて本当に良かった」。初戦の重要性を知るベテランの顔に安堵(あんど)感が広がった。スピードと高さのあるスイスに苦しめられた試合で、体を張った守備でピンチの芽を摘んだ。昨年は動きに精彩を欠いて5月を最後に代表から遠ざかっていたが、体を鍛え直して戻った大舞台で、経験に裏打ちされた読みの鋭さを発揮した。「ウォーミングアップの段階から体が重かった」(佐々木則夫監督)との理由で、57分に交代。大歓声を受けながらピッチを後にする顔には笑みが浮かんでいた。「楽しかった。自然に笑顔になった」。すがすがしい表情で振り返った。自らが集大成と位置づける6度目のW杯が幕を開け、「とにかく、攻撃でも守備でもチームのためにできることをやりたい」と、改めて<献身>を誓った。2015年06月10日08時15分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

澤、史上初のW杯6大会連続…200試合出場も
W杯連覇目指すなでしこ、1対0でスイスに勝つ
W杯連覇目指すなでしこ、1対0でスイスに勝つ

ブラジリアンワックス 大阪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR