統一地方選後半戦告示、27市長選が無投票

第18回統一地方選の後半戦となる政令市以外の89市長選と295市議選(総定数6865)、東京都の11区長選と21区議選(同817)が19日、告示された。21日告示の町村長・町村議選とともに26日に投票され、一部の区長・区議選以外は即日開票される。市長選には179人、区長選には32人が立候補を届け出た。前半戦の北海道、大分県知事選のように、自民、民主両党が実質的に対決するのは、大分市長選や渋谷区長選などに限られる。県庁所在地の市長選は、大分市のほか、現職と新人の一騎打ちとなった水戸市、12年ぶりの選挙戦となった高松市でも行われる。市長選で無投票となったのは、県庁所在地の津、長崎の両市のほか、4回連続の北海道伊達市など計27市。区長選はいずれも選挙戦となった。市議選は8384人が立候補し、競争率は1・22倍で、前回(1・21倍)並みとなった。総定数に占める無投票当選の割合は3・6%となり、記録の残る1951年の第2回以降で最高となった。区議選は1135人が立候補した。後半戦では、人口減対策をはじめ、医療や福祉、地域防災のあり方など、住民に身近な課題を巡って議論が交わされるとみられる。2015年04月19日22時04分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

得票同数、くじ引きで民主現職当選…熊本市議選
統一地方選後半戦告示、27市長選が無投票
統一地方選後半戦スタート…89市長選など告示

ブラジリアンワックス クチコミ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR