投開票、トラブル相次ぐ…入力や集計ミス

14日に投開票が行われた衆院選では、各地で開票作業のミスが相次いだ。東京都では、小選挙区の投票率の確定が15日午前5時半にずれ込んだ。最終的な投票率は54・36%だった。都選挙管理委員会によると、区市町村選管で、最も確定が遅かったのが板橋区で、都選管への報告は午前5時過ぎだった。入力ミスが原因で、開票作業終了後に投票者数の再確認を行うこととしたが、開票所の体育館が午前3時過ぎに閉まり、区役所に移動して確認したため大幅に遅れたという。港区では、14日午後11時前に投票率をいったん確定させたが、集計ミスの可能性が生じ、再確認を実施。都選管への最終報告は午前1時過ぎまでずれ込んだ。同区選管の担当者は「ミスはなかったが、確認に時間がかかってしまった」と説明している。2014年12月15日18時24分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

津市で投票者数を15人少なく発表するミス
有権者の関心高まらず…投票率最低
津市で投票者数を15人少なく発表するミス

ネット広告出稿先
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bito

Author:bito
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR